上海へ旅行や出張で行く方必見!!上海浦東空港でSIMカードを買う方法

2019/08/20

先日、上海に行った際に空港でSIMカードを買ったので買い方をシェアしようと思います。

どこのキャリアのSIMカードを買うべきか?

中国で通信サービスを提供している会社は数社ありますが、私のオススメはChina Unicom(中国联通)です。

China UnicomはDocomoやSoftbankと同じW-CDMAを採用しているらしく日本で使っているSIMフリースマホがそのまま使えます。

中国最大手(中国のDocomoみたいなの)はChina Mobile(中国移动)ですが、こちらは中国独自規格なので3GやLTEに対応しているスマホを持っていても高速通信はできないようです。

SIMカードを買うために必要なもの

中国でSIMカードを買うのに必要なものはパスポート、SIMフリーの携帯電話、お金です。それ以外は特に必要ありませんでした。

購入するときも、パスポートのコピーを取られますが、申込書などもサインするだけなのでものの数分で使用できました。

中国特有!?SIMカードの注意点!

今までアジアやアメリカなどいくつかの国でSIMカードを買いましたが、他の国では気にする必要があまりなかった注意点がありました。

1、国際電話はキャリアのショップに行って登録が必要!

SIMカードは空港や街中などいたるところに売っていますが国際電話を掛ける必要があるのであればキャリアのショップに行って登録する必要があります。登録にはパスポートと申込書の記入が必要です。

私は去年シンセンで登録しに行きましたが、中国語を話せる店員さんがいなかったので30分くらいかかりました。。。

2、月契約となるので契約を維持するには多めにチャージしておく必要がある

中国ではプリペイドSIMではなく月契約となるようで数ヶ月間使いたい場合は基本使用料分のお金をチャージしておく必要があります。基本使用料は購入するSIMカードの種類によって異なるので注意してください。

上海浦東空港(第2ターミナル)のSIMカード購入場所

お待たせしました、上海浦東空港(第2ターミナル)で私がSIMカードを買った場所です。大体の場所を書きますがわかりやすい場所なのですぐにわかると思います。

飛行機を降りてイミグレーションを済ませた後、預けた荷物を受け取るためバゲッジクレームに行くと思います。私が買った販売所はこのバゲッジクレームにあります。

イミグレを抜けてるとすぐバゲッジクレームになるのですが、バゲッジクレームに入ってすぐのところにインフォメーションカウンターのようなブースがあります(小さいです)そこにSIMカードが売ってます。私が行ったときはSIMカードを売ってるおばちゃんがどこかに出かけていたのですが、同じ案内所にいた別のお店の人?がおばちゃんを呼び出してくれました(笑)

↓のマップの赤丸のあたりです。

(浦东机场ホームページより)

料金プラン

私が購入したものは、40分?の国内通話と300MBのインターネット込みでRMB300元位だったと思います。通話なしで1GBのプランも同額でした。RMB100のSIMカードもプランには書いてありましたがこちらは在庫なしとのことでした。今思えば、国際電話できないなら通話無しで十分でした。。。

おそらく市内で買ったほうが安いのではないか?と若干疑問ですが、今回は仕事で来ており時間がなかったのでここで買いました。

SIMを買うか迷ったら

私は海外に行く際に良く目的や場所によってSIMカードを買うかほかの方法にするか選んでいます。買うか迷っていれば参考にしてください。

SIMカードを買う場合
SIMフリーのスマホを持ってるのであれば、現地で買うか日本で買って持っていくほうが楽だと思います。
ただ、デュアルSIMのスマホでなければ現地のSIMカードを交換することになるので、日本の電話番号で電話が受けれなくなります。
SIMカードを買うのであれば現地で買うよりも日本で買っていったほうが楽です。
香港の会社のSIMカードであれば中国国内でGoogleが使えるので便利です↓

4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能 プリペイドSIM

新品価格
¥940から
(2019/8/20 15:47時点)

5179 メール便発送【有効期限2020/6/30・1枚】中国 本土31省 香港 マカオ 8日間 5GB データ通信 専用 プリペイド SIMカード 簡易日本語説明書添付【中国聯通香港】

価格:1,340円
(2019/8/20 15:49時点)
感想(30件)

最近はSIMカードを買わずにポケットWi-Fiを借りることが多いです。Wi-Fiルーターを持ち歩かなければならなくなりますが、一緒に行く人と一緒に使うことも出来ます。ポケットWi-Fiは空港で借りて、空港で帰せるため気軽に使えますし、中国で使う場合700円/1日程度で借りれて容量を気にしなくて良いので使い勝手が良いです。通話もラインやSkypeなどを利用することが多いので特に不便も無いです。ポケットWi-Fiを借りる場合
SIMフリーのスマホでないか、日本の番号で電話を受けたい場合はポケットWi-Fiを借りるほうがいいです。
デメリットはSIMを買うよりも値段がちょっと高いのと、ポケットWi-Fiを持ち運ぶ必要がある、充電をする手間が増えることでしょうか。

成田空港や羽田空港で借りる事ができますが、当日は借りれないこともあるので、予約していくことを勧めします。